ホーム > 「富士山世界遺産登録5周年記念シンポジウム」が開催されます

ここから本文です。

2018年6月7日

「富士山世界遺産登録5周年記念シンポジウム」が開催されます

シンポジウムチラシ

               ~応募は終了致しました~

富士山が世界遺産に登録されて5周年を迎えるにあたり、信仰の対象及び芸術の源泉としての富士山を再認識し、その価値を後世に継承していくため、記念シンポジウムを開催します。

多くの皆様の御参加を心からお待ちしています。

開催概要
日時
平成30年(2018年)6月22日(金曜日)

会場
都道府県会館101大会議室(東京都千代田区平河町2-6-3)

都道府県会館へのアクセス

東京メトロ有楽町線・半蔵門線「永田町駅」5番出口から徒歩1分

東京メトロ南北線「永田町駅」9番b出口から徒歩1分

東京メトロ丸の内線・銀座線「赤坂見附駅」D番出口から徒歩5分

定員
200名(事前申込制・先着順)

参加費
無料

申込方法
ファクシミリの場合

下記チラシ(PDF形式)を印刷し、裏面の申込用紙に必要事項を御記入の上、

055-254-8000(アドブレーン社)までお送りください。


メールの場合

下記項目をメールに御記載の上、fujisympo@media-i.co.jpまでお送りください。

お名前(申込代表者)、申込人数(代表者を含む)
所属カテゴリ(会社員、自営業、学生、公務員・団体職員、その他)
お住いの都道府県名
電話番号・ファクシミリ番号
このシンポジウムを知った媒体(いずれかひとつ)
チラシ、○○のホームページ、○○新聞、友人・知人、ご案内メール、その他

参加確定者には、お申し込み時と同じ手段で(ファクシミリでお申し込みの方にはファクシミリで、メールでお申し込みの方にはメールで)御連絡を差し上げます。

プログラム
基調講演1

「世界から見た富士山の魅力ー信仰の対象と芸術の源泉ー」

松浦晃一郎氏(元外務省北米局長、元駐仏大使、元ユネスコ事務局長)

基調講演2

「富士山ヴィジョンをめぐって」

西村幸夫氏(神戸芸術工科大学教授、日本イコモス国内委員会委員長)

パネルディスカッション

テーマ「世界遺産富士山の課題と展望」

パネリスト

五十嵐敬喜氏(日本景観学会前会長)

岩槻邦男氏(兵庫県立人と自然の博物館名誉館長)

清雲俊元氏(富士山世界文化遺産学術委員会委員)

松浦晃一郎氏

コーディネーター

西村幸夫氏

富士山世界遺産登録5周年記念シンポジウムチラシ(PDF:4,981KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。