ここから本文です。

活動紹介

平成30年度公開発表会『貞観の大噴火をめぐって』

h30symposium

 

山梨県立富士山世界遺産センターは、平成31年3月2日に鳴沢村総合センターで富士山総合学術調査研究公開発表会を開催しました。以下にその内容を掲載いたします。(講演・報告のタイトルからそれぞれの詳細をご覧いただけます)

 

貞観の大噴火は、富士山の北面、甲斐国側に起こった激甚災害で、その際に流出した溶岩流が青木ヶ原丸尾溶岩です。貞観の大噴火およびこの溶岩に関する文献・自然・考古・民俗各分野の研究成果を紹介します。

  ■基調講演「文献からみた貞観噴火」大隅清陽 氏(山梨大学大学院教育学研究科教授)

  ■報告1 「古地磁気からわかる富士火山の歴史時代噴火」馬場 章 氏(山梨県富士山科学研究所火山防災研究部研究員)

  ■報告2 「富士山の火山活動と考古資料~青木ヶ原溶岩を中心にして~」新津 健 氏(元 山梨県埋蔵文化財センター所長)

  ■報告3 「聖域としての富士山溶岩洞穴」紙谷威廣 氏(元 東京立正短期大学教授)

  ■討 論 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。